新築より中古マンションで安心・安全がついてくる

杭の偽装問題で揺れている不動産・建設業界。 一体、何を信じて買えばよいのか?という声を多く聞くようになりました。 大手や中小零細企業、そして個人店まであるこの業界。 最終的には自分を信じるしかないのですが、欠陥があるなど見抜ける能力もないとなるやはり専門家に頼ることが一番ということになります。

しかし、今回のような杭工事の欠陥に関しては専門家ですらわからないというのが本音です。 ではどうしたらよいのか・・・

どうしても欠陥がない(欠陥が表れていない)物件を購入したいということであれば、築5~10年程度たっているものをお勧めいたします。 というのも欠陥は意外と初期段階で表に出ることが多く、5~10年も経ている建物であれば欠陥が出ているかどうかわかるということです。

まずは、外壁部にクラックやシミはないか? 各階の天井には雨漏りの形跡はないか? 床のレベルはまっすぐなのか?等  ですが一番わかりやすいのが、建物に面している外構との取り合い部のクラックです。

その他にも、地名から水と関係がある 土地なのか、近くに川があるか? 埋立地なのか? ということも推測する上では重要な要素になってきます。

高い買い物だからこそ、購入する時は建物のプロにアドバイスをもらうべきでしょう。

最後にもう一つ。決して悪い意味で記載するつもりはないですが、不動産のプロと呼ばれている人たちでは瑕疵を見抜けることは難しいでしょう。あくまで建築の施工に携わっていたり、瑕疵等のトラブルの相談業務に携わっている人の方が見抜ける確率が高いと思います。

ですから、一緒に見に行ったり、アドバイスをもらいたいということであれば、上記に記載したような方に頼むことが一番です。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


中古マンションを購入するための マル秘テクニック2

続いて第2弾!損をしない購入の仕方は
妥協は禁物。直観力を信じて買うこと。

どういうことかというと、ほとんどの物件が一般の方々が購入するという事実があるため、その目線で考えれば問題はないといいたいのです。

船橋周辺でマンション購入することを前提で考えると、大事なポイントが4つ。

ひとつは駅から徒歩何分なのか?
この立地条件はどこの地域でも共通することです。
時間は前回も記載しましたように、10という数字がポイントです。
そのため徒歩10分までが一つに目安といっていいでしょう。
徒歩15分だと、なんだか遠く感じてしまう時間でもあります。
また、駅の利便性が高ければよりGOOD!

2つ目はスーパーやコンビニが徒歩圏にあるかどうか?
毎日の生活の事ですから近いにこしたことがありません。
必ずチェックしてください。

3つ目は、窓から見える景色、そして日当たり。
特に日が当たるかどうかは購入する時の大きなポイントです。

4つ目は・・・ どうしても知りたい。ここまで来ると眠れないという方は弊社までお問い合わせください!^^

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


中古マンションを購入するための マル秘テクニック1

いかに損をしないでお得な資産を手に入れるかをテーマ書きたいと思います。
これを読んだ方はラッキーですよ!

それでは中古マンションを買うときのアドバイスを伝授したいと思います。
今までの経験上や、成約数の統計を見ているとあることに気づきました。
それは15年目を境に売りに出る金額の下落率が下がるということ。
マンションの場合、新築から15年目までは下り坂を転がるように下がっていき、その後は横ばいで推移し、ゆっくりと下がっていきます。
そして15年落ちのマンションは新築時の価格に比べ3~4割程度落ちることが多いようです。
場所によっては半分になるケースも見られます。
ここから言えるのは、15年落ち以上のマンションであれば今後大きな値崩れはないということになります。言い換えれば万が一売却する際には、買った値段で売却できる可能性があるということになります。
しかし、15年というと心理的には「ちょっとな~」という意見が多いのも事実。
不思議と人気があるのは10年落ちまでのマンションで、プラス3年程度の13年落ちまでが限界です。人はどうもきりの良い数字が好みのようで、15年というよりは13年または14年だと納得がいくようです。
また、設備の耐用年数は10年から15年といわれていますので、15年落ちのマンションを購入後、リノベーションすることで納得がいくマンションを手にいれることができます。
もう一つ、「住宅ローン控除」を利用する際にフルに利用しようとすれば築15年までの物件を買う必要があります。
よって、上記の理由から買うなら15年落ちの物件ということになるわけです。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ