中古の戸建を購入の方 必見です。


前々回に中古の良さを書かせていただきました。
新築に特別こだわりがない方には一読する価値はあると思います。

それでは本題に入ります。
中古の戸建に的を絞ったお話です。(ローンをして購入する方が適用になります)

中古戸建を購入する際、築年数をどう見たらよいのか?
何年前の住宅を購入するのが得をするのか?

ズバリ言います。
今年、購入するのであれば 昭和57年~平成9年までに建てられた物件が狙い目です。(木造の場合)
出来れば平成9年により近い方がベターです。

理由は、住宅ローン減税が適用できないため、物件によってはお買い得感がなくなるため、
値段が下がる可能性があるからです。

しかし裏技があり、それほどお金をかけなくてもこの年代の物件は住宅ローン減税を適用させる事が十分可能な物件が多々あります。

多くの方が、この年代の物件を購入すると、ローン減税が適用できないため、
最大400万円の減税を受けられなくなります。
この恩恵はとても大きく、絶対に受けるべき制度です。

普通の不動産屋さんでは
「ローン減税は受けられません」と言われることが多いのですが、弊社であれば、ローン減税が適用できる可能性がある建物にすることができます。

ぜひ、中古戸建の物件をご検討中の方は弊社までお問合せください。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ




すまい給付金 をいただくためには?


すまい給付金とは 自らが居住する住宅の取得に際し、給付金が支払われる制度です。新築住宅はもちろん、中古住宅も対象となります。但し、指定の検査を受けるなど、住宅の品質や耐震性等が確認できる事が条件です。

その条件の中でも最も大事なのが 売り主が不動産屋さん(宅地建物取引業者)であることになります。

そして目安としてご自分の収入額が510万円以下(実際には都道府県民税の所得割額できまります)が絶対条件です。

しかし・・・

只今確認中ですが、一般的に売り主が宅地建物取引業者でなくてはいけないのですが、そうでなくてもOKということを聞きましたので、この詳細についてはわかり次第お伝えいたします。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ




新築と中古の物件 購入するならどちらを選択すべきか? その3


ではどうやって気持ちや心の問題を解決することができるかを探っていきます。

その1でお話しした、中古のデメリットをなくせばよいわけですから

・耐震性の不安
・設備等の耐久性
・使用感による汚さ

を解消すればある意味新築と同じ価値が生まれるということです。
耐震性の不安以外はリフォームまたはリノベーションによって解決ができます。
それでは耐震性(見えない瑕疵の有無も含む)の不安はどのように解決するかといえば

インスペクション(診断)です。

信頼がある建築士の方に見てもらい、書面で発行してもらう。
当然、経験値のある方に頼むことで解決できるのではないでしょうか?

また、建物の築年数でも判断できます。

マンションの場合ですと新耐震基準で建てられたものはよほどでない限り問題がないといわれています。
新耐震基準で作られた建物を確認するには建てられた完成日が昭和57年中頃~昭和58年のものになりますことをしっかり頭の中に入れてください。

戸建の場合にも同様ですが、完成日は昭和56年の後半以降であれば問題がありません。さらに安全性を求めるのであれば平成12年以降の建物であればより安心です。
マンション、戸建てとも新耐震基準であればあまり心配することはないということです。
しかし、新耐震基準で建っていても施工不良やシロアリ等の問題、そして大きな地震にあってる場合にはインスペクションをし、問題個所がないかを確認することが必要になります。

私が感じるのは、新築は安全だと思っている方が多いという事。当然そう思って結構です。
しかし、吟味すれば中古も問題なく安全だといえます。ただし、インスペクションをするということが前提です。

安全というものが同じ程度ということであれば新築のメリットは何かということになります。
自分の好きな間取り、空間にできる。
これはマンションであれば中古でも可能ですが、戸建はそれなりの制約がありますので新築に軍配が上がります。
しかしそれ以外は特にあるとも思えません。

しかし、中古のメリットを挙げるとするなら、新築と同じ金額を出すならワンランク上の仕様の家に住めることにもなります。
例えばキッチン、一般の新築であればグレードはそれほど高くもないですが、リフォームやリノベーションであれば
予算をかけられるため気に入ったものが選べます。
浴室であればジャグジー付も可能です。
トイレであればホテル並みの仕様にもできます。
さらにクロス、床をすべて張り替えれば使用感がなくなりますので、気持ちは新築気分。

いかがでしょうか?

中古の良さを分かっていただけたでしょうか?

それでも新築にこだわりがあるのなら、それもその方の価値観なので特にいうことはありません。
しかし、将来の生活の不安や万が一売ることになった時のことを考えると少しでも立地条件の良いところで
耐震性や見えない瑕疵の心配がない、そしてお安い物件が手に入れば一番かもしれませんね。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ




新築と中古の物件 購入するならどちらを選択すべきか? その2


具体的に言いますと
新築を購入する方はある程度資本力がある方で、納得した家がほしいという方が向いています。
資産価値を気にするのであれば便がよく、立地を重視した物件であれば下落率もより緩やかになり、早めの時期に横ばいになる可能性もあります。

中古を購入する方は新築以外の方ということになりますので、多くの人が当てはまるのではないかということで話を進めていきます。
住宅購入にあたって最も気にするのは
立地 、住居の広さ、そして 購入金額 が主だったものです。

購入金額に関していえば支払う方の収入(または応援者がいる方はその提供資金も含め)で決定しますのでほぼMAX予算がわかります。
広さに関しては今後の家族構成を踏まえて購入するため、ある程度決まっていると思われます。
立地に関しては上記の2つよりは選択肢があり、金額を決定する重要な要素にもなります。

ここまでまとめますと、
購入金額(予算)が収入で決定する以上、年収が500万円程度までであれば中古物件を選ぶのが賢い選択になるという事になります。
では、もっと年収がある人には中古は向いていないにかといえばそうとは言い切れません。
前回にお話ししたように
「気持ちや心の問題を解決できれば」お得な物件を手に入れることができるということです。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ




新築と中古の物件 購入するならどちらを選択すべきか? その1


戸建を購入のお考えの方にご参考になればと思いも書かせていただきます。
西船橋駅、船橋駅周辺の住宅状況を見ると場所にもよりますが、新築であれば建物が93㎡程度であれば3000万の後半程度からの値段が多いようです。
中古に関していえば当然新築の購入金額よりも低く設定されますが、現状では売り物件が少ないため、時に市場価格よりも高く出る場合もあります。

新築と中古で大きく違うのは 金額 です。
そして新築では使用感が全くない。中古物件は使用感がある。という気持ちの問題があります。

大きく分けるとこの2点です。

次に各デメリットを挙げていきたいと思います。

新築:資産価値が毎年下がっていく率が大きい。 金額が張るため、住宅ローンも無理をして組むことで、将来のリスクを抱えることになる。

中古:耐震性に不安がある。 設備の耐久性、見えない瑕疵の不安。 使用感があり、気持ちよく住めない。

このように新築と中古では根本的に「価値」が違うところに注目。
大雑把に言うと、新築では「経済的な事が問題」で、中古では「気持ちや心の問題」であることがわかります。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ