住宅購入で老後のくらしを安定させる方法を考えてみる

一般的には、30代や40代の働き盛りで比較的住宅ローンが組みやすく、利息も低い時期での購入を勧めているように思います。特に今は低金利の時期が続いていますので、若い方でも住宅ローンを組む決断がしやすいかと考えます。
しかし、木造の戸建ては15年も経過すると、修繕や改修が必要になってきます。もちろんマンションでも20年を過ぎて2回目の大規模修繕ともなると、かなりの金額が必要になっているはずです。
35歳で住宅を購入した場合なら55歳を過ぎたあたりで、大きな金額が住宅の修繕等にかかってくるわけです。その時期に十分な修繕が出来ない場合はどうなるのでしょうか。近年の平均寿命は80歳前後と言われています。65歳の定年時に十分な退職金をもらうことができ、健康な状態で80歳を迎えられている人が、どれだけいるのでしょうか。
そう考えると、本当に30から40歳の間に住宅ローンを組んでまで購入することが、最善の方法なのでしょうか。

30から40歳は変化が多い時期 その間は賃貸で

子どもの進学や、親の介護などを考えた時、そして自分自身に介護が必要となった時。長く生きていると、その時々によって適切な住まいの間取りや立地条件があります。
住宅ローンを組んでまで住宅を購入してしまうと、そういった暮らしの変化に対応しづらくなってしまうのは事実ではないでしょうか。移動したくてもお金がかかるので難しいのです。
少しでも足しにするために今住んでいるところを貸しながら賃貸に住むという方法もありあますが、何年か経ち、いざ自分たちがようやく住める時期が来たときに、思いのほか修繕費がかかるケースも多くあります。
貸している間もメンテナンスにお金がかかります。住んでいる以上きれいな状態では保てないからです。借主が変わるたびに壊れた個所の修繕を行わなければ、次の借主もなかなか決まらないものです。
もともと収益が目的で購入しているわけではないので、こういった支出と収益のバランスもうまくいくとは限りません。諸々の支出が現実としてのしかかってきます。

こうしたリスクを考えると実は特別な理由がない限り、賃貸という選択は実に現実的でメリットも多いかと思います。

暮らしの変化が少なくなる老後に現金で購入

80歳が寿命だと考えて、15年から20年は修理せず住める物件を定年後に購入するという手もあります。
住宅ローンというのは便利な仕組みなのですが、高齢になればなるほど組むのが難しいものです。それに35年のローンの前半はほぼ利息を支払っているようなものです。
それとまとまった現金があると、競売物件という選択肢も広がります。競売は売主がいないということでデメリットもありますが、一般の不動産取引の価格より3割程安くなっていることが多いですので価格を重視するなら最適です。また、通常ですと売りに出ないエリアも取り引きされることがあります。掘り出し物の物件を見つけることも可能です。
少し広めの戸建てを購入し、半分(たとえば1階部分だけ)を賃貸とすれば、定期的に収入が得られます。通常の戸建てですので修繕等の費用もアパートほどかかりませんし、手間も少ないかと思われます。
介護が必要になり施設へ移る場合にも、ローンの返済はありませんので物件を売れば現金も手に入ります。

もう買ってしまったと諦めるのは早いです

これはあくまで一例と考えてください。必ずしも選択肢が一つとは限りません。
おのおののライフスタイルがあり、それぞれ時期や環境によってとれる方法は違ってきます。

スマイルアップのお客さまで、30代でマンション購入、40代後半で売却し新たな人生のステップを踏み出された方もいます。
新築を購入し約16年間は子育てに最適な立地のマンションで暮らされた後、西船橋周辺の物件価格が高い今売却されました。築年数が16年と比較的浅かったのが決め手でした。つまり16年間快適な暮らしをしながら貯蓄もできたということになります。

大切なのは何が自分にとって大事であるかをしっかり分かっていることと、決断のタイミングを逃してはいけないということです。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


売った時の固定資産税 精算は特に義務ではない!!

自分の不動産を売る場合、不動産会社を仲介に入れていないと、売主が損をしてしまうことにもなりかねません。

例えば固定資産税の精算はこんな感じです

分かりやすい数字で説明しますと、ある中古住宅の固定資産税等の額が年額10万円だったとします。
この中古住宅が売却されて7月1日に引き渡されたとします。
しかし、納税義務者はその年の1月1日現在の所有者という事になっているので、その年は売主が残り半年分の5万円を納める状態のままになってしまうのです。
それでは売主が非常に不利な状態になってしまいますよね。
そこで、売主と買主とで精算が行われるというわけです。
つまり、買主は半年分の固定資産税等である5万円を、中古住宅の値段にプラスして支払う事になります。

精算することは特に義務ではありません

不動産会社に頼んで売買を行えば、こういった精算も、しっかり進めてくれるので安心です。
もし万が一、不動産会社に頼まず売買をすることになったら、売主側がきちんと注意を働かせなければいけません。

精算するのは固定資産税だけでない場合もあります。一般の住宅ですとあまりないですが、これが収益物件であると少し複雑になる場合もあります。
共益費、看板使用料、駐車場代、付加使用料などは、どこからどこまでを売主のものとするか、線引きをはっきりしておく方がトラブルを回避できるでしょう。

精算は売主と買主との間での合意に基づき行われている、売買上の習慣に過ぎません。そういった話し合いを段取り良くまとめるもの、不動産会社の仕事になります。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


メールに添付されたデータが開けない?!|添付ファイルの拡張子に注目してみてください

メールで添付されてくるファイルが開けない時はありませんか?
そんな時はファイルの名前の最後の方にくっついている、「.(ドットまたはピリオド)」から後ろにある3~4文字のアルファベットに注目してみてください。

「.(ドット)」から後ろにある3~4文字のアルファベットが拡張子というものです

例えば、ファイル名が「ファイル.txt」であれば拡張子は「txt」です。

拡張子の役割は、「どんな種類のアプリケーションソフトのファイルか」という事を紐付けています。なのでダブルクリックによって自動的に関連付けられたソフトウェアが開く仕組みになっています。

よく使うのが「.jpg」
後はどんなものが送れるの?

基本的にはどんな拡張子でも送れます。ですが、相手先がそのファイルを開けるソフト(アプリケーション)を持っていなければ、閲覧ができません。

一般的に、問題が少ないとされているのは、Word【ワード】(docx、doc)・Excel【エクセル】(xlsx、xls)、画像ファイルであればGIF、JPEG、PNG、圧縮形式であればZIP。PDFファイルなら比較的どんなパソコンでも開けることが多いです。スマートフォンでも閲覧できる可能性が高いです。

ただし、Word【ワード】とExcel【エクセル】は有料のソフトなので、もしかすると家庭用のパソコンではインストールされていないことがあります。そんな時は、無料の Office Online アプリが便利です。

実は「xdw」という拡張子に困りました

開けない拡張子に出会った時は、どうしたらよいでしょうか?実は検索で調べると、あっさりどんなソフトの拡張子なのかは分かってしまいます。

今回「xdw」という拡張子に出会いました。
「xdw」という拡張子は、富士ゼロックス社の複合機でスキャンしたときに作成されるファイル形式のようです。富士ゼロックス社が開発した電子書類を作成・管理するオフィスソフトで主に使われている拡張子でした。

閲覧と印刷だけなら富士ゼロックスの公式サイトで無料ダウンロードができます。
「富士ゼロックス DocuWorks Viewer Light 9 日本語版 」 無料ダウンロード
http://www.fujixerox.co.jp/download/software/docuworks/download101/index.html

そんなちょっとの困ったを気軽に聞ける人がもしいたら・・・

スマートフォンに怪しいメールがとどいたり、パソコンをいつものように使っていたのに突然いつもと違う画面になってしまったり・・・
そんな時、どこに電話して聞いたらいいのかも分からないことがないでしょうか。
そこでグループ会社のリフォームエコライフで新しい事業を開始致しました。

地域の架け橋を目指して くらしに関する悩みや不安を、解決するお手伝い出来ないかという志のもと、おたすけ隊というサービスを開始しました 海神おたすけ隊・宮久保おたすけ隊 詳しくはリンク先「おたすけ隊事業について」ご覧ください

地域での助け合いが見直されつつあります。
くらしに関する悩みや不安。
おたすけ隊が地域の架け橋となって、解決するお手伝いを致します。
「力が必要な支援」や「電球が切れて取り替えられない」
「通信販売で買った棚が組み立てられない」
「ちょっとした修繕作業」など、
特殊な工具や部品を必要としない、30分以内の作業に対応致します。
詳しくはリフォームエコライフサイトの「おたすけ隊事業について」ページをご覧ください。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ