海外のインテリアはなぜおしゃれに見えるのか?それは壁紙選びから違っていた

日本のアパートやマンションは、ほぼ白い壁紙というセレクトになっていますよね。
どんなインテリアにも合いますし、白系は飽きがこなくて落ち着きます。でも、いまいちパッとしないなぁと思われている方もいるのではないでしょうか?

それでは、海外のお部屋がテレビやネットで見かけたとき、どんな印象を持たれるでしょうか?とてもおしゃれに見えませんか?

その答えの一つに壁紙の選び方があります。
素敵な壁紙が部屋の印象を変えてくれます。シンプルな室内には大胆で華やかな壁紙も合います。繊細な模様は圧迫感少なく、落ち着いた印象の室内になります。
壁の一面を張り替えるだけでも、映画のワンシーンを切り取ったような部屋に変わます。

壁紙を選ぶときサンプルだと小さく印象が変わってくるので選ぶのが難しい

壁紙の種類、とてもたくさんありますよね。今は色や素材だけでなく、機能面でも色々あって、選ぶのが本当に大変です。

2018年の11月にミニチュアのトイレを使って、トイレのコーディネートコンテストをクループ会社で開催した時も、みなさん思った以上に迷っていらっしゃいました。

サンプルだけで選ぶのは本当に難しいと思います。貼った状態が見ることが出来たらいいですよね。

紺の壁紙がポイントの高級感のあるリビングが今なら見学できます

森泉さんが中古住宅をリフォームした時に、ロイヤルブルー(紺とか藍に近い色です)をアクセントウォールにしたコーディネートをしていたのをご存知の方いらっしゃいますでしょうか。
とても高級感のある、でもリラックスできそうなコーディネートで、素敵だなぁと思っていました。

今回、スマイルアップが取り扱っている物件で、オーナーの方が貸し出す前にこだわりのリフォームをされたのですが、このお部屋に使われている紺の壁紙がとても素敵です。

打ちっぱなしと紺の壁紙が特徴の室内とキッチン廻り

もし、勇気がなくてまた白の壁紙にしてしまう前に、どんな感じになるのか見てみたいと思っていらっしゃる方がもしいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
オーナー様の計らいで、見学が今だけ可能です。

お問い合わせはスマイルアップの公式サイト http://i-smileup.com/ のお問い合わせフォームより受け付けております。
または、お電話でもお申し込み可能です。

ブルー系の色が持つ効果を紹介します

壁紙がブルー系だと「派手になりそう」とか「寒そう」という印象を持たれるかと思います。

でもそんなことはありません。

ブルー系は思っているより日本人にはしっくりハマる色のはず。清潔感あふれる素敵なお部屋になること間違いなしです。

青い色の心理的効果として

  • 集中力増加
  • 興奮を抑制する
  • 食欲減退
  • 安眠効果

というのがあります。
ですので、食卓周辺よりも寝室やくつろぐスペースに利用した方がより身体によい効果が期待できます。

おしゃれに見える壁紙を自分らしさをプラスして選ぶ楽しみ

今回は実際に見学できるということもあるので、ロイヤルブルー(紺とか藍に近い色)をアクセントウォールにしたコーディネートの良いところをお勧めしました。

ただ壁紙には色にプラスして素材や模様の違いでも、驚くほど印象が変わってくるものです。
海外の方たちが壁にこだわるからこそ、おしゃれなお部屋に見えるのかと思います。
海外インテリアにはオシャレなお部屋にするためのヒントがいっぱいあります。
今までの先入観を取り払うと、もっと自分らしいインテリアにすることができます。

今回こだわりのコーディネートをされたオーナー様は、ご自身が住まいにかかわるお仕事をなさっていって、コーディネートの楽しさをご存知でした。
お話する中で、もっとたくさんの方にこの楽しさを知ってほしいねと意気投合し、ご希望の方に見ていただける機会を、ということになりました。

 

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください