シロアリはコンクリートもゴムも餌にします

春らしくなってくる4月から、シロアリが大量に引っ越し時期に入ります。
うっかり庭先に、木材やタイヤなど、不要なものを放置しておくと、そこにシロアリが巣くう可能性がありますので、注意してください。

なんでも餌にしてしまうシロアリの貪欲さは脅威

枯れた植物や柔らかい木材をエサとして好むのはイメージできますが、まさか固いコンクリートまでとは思いませんよね。

しかし恐ろしいことに、ダンボールのほか、発泡スチロールやプラスチック、皮膜の掛かった電気ケーブルなど、人工的なものまでも食らいつくす驚異の生き物なのです。

庭先から母屋に侵入されてしまう可能性もあります

どのみち廃棄するものにシロアリが巣くっても、問題ないとお考えの方は要注意です。
シロアリは全ての木造住宅がえさなのです。近くに大好物を見つけてしまえば、あっという間に喰いつすしてしまうことでしょう。

もし、湿気の多い風呂場の脱衣所、キッチンの床がふかふかしているなど、気になる点があり、お庭の状態が前述したことに当てはまるようでしたら、一度点検をお勧めいたします。

合わせて読みたい建築士の記事

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください