リフォームの観点から見る大家さんが損をしない決断の時期は?

いよいよ10月より消費税が10%に引き上げられることになります。いろいろな問題が起こると予想されますが、「リフォーム」という観点から考えたいと思います。

現在、リフォームの工事金額は10年前と比べかなり高くなってきています。原因の一つは「人手不足」につきます。

そして10月から始まる10%の消費税がさらなる負担を招くことになりそうです。

設備の耐用年数はおおよそ15年と考えます。

ここからいえることは、リフォームや新築後の15年から20年たった物件は修繕時期に差し掛かったということです。

エアコン、水回り、給湯器、特に浴室やキッチンは100万円単位でかかることもあります。

現在、賃貸物件を所有している方は要注意です。

まだ、不動産取引が活況な今のうちに保有している築が古い物件を売却し、築が浅いまたは改修したばかりの物件に乗り換えて運用することも効果的かもしれません。

仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと?詳しくはこちら↓ 仲介手数料スリム化キャンペーン

船橋市の物件情報満載!スマイルアップ公式サイトはこちら↓ 不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください