高齢者の賃貸住宅について


前回取り上げた内容で

「歳を追うごとに住まいを借りにくくなる現実」について書きたいと思います。

一般的に、「高齢者は賃貸住宅を借りにくい」と言われています。特に2つの理由に絞られ、ひとつは主な収入源を年金に依存している場合、家賃滞納のリスクがあること、もうひとつが健康面で万が一の時には物件自体の資産価値の低下につながるため、大家さんから入居を敬遠されやすいのが現状です。

しかし、今後ますます高齢者の割合が増えていくことは皆様もご存じのとおり、現在でも高齢者が単身で賃貸を借りるケースは決して少なくはありません。

平成26年度の調査では、大家さんの6割は高齢者の入居に関して拒否感を感じ、1割程度の大家さんは入居制限を行っているとの結果です。

また、借りる際には連帯保証人を立てることが一般的ですが、連帯保証人を代行してくれる保証会社に頼むこともあります。そこで問題なのが保証会社の審査です。

こちらも平成26年度の「年代別の審査状況」の調査結果があります。

結果は「入居審査が通りやすい」と回答した保証会社の割合は、

60代が約49%なのに対し、70代になると22%にまでになります。

この現状を踏まえると、賃貸物件に新しく入居するには60歳代までで終えなければかなり難しくなってくることが言えると思います。



スマイルアップ不動産のマンションリフォーム・リノベーション事例建物の良さを生かしながら住まいに新しい価値を
〝我慢すれば住み続けられる〟から 〝住み続けるからもっと良くしたい〟というふうに発想を変えてみると、キレイになるだけではなく、 そこで「してみたい事」「したかった事」があふれ出し、思い描くライフスタイル像に潤いが出てきます。
もっと詳しく・・・


仲介手数料を美味しくダイエットするってどういうこと? 仲介手数料スリム化キャンペーン
一定条件クリアで仲介手数料が据え置き25万円になります。

引っ越しにかかる費用も馬鹿にはなりません。お客様のその負担を少しでも軽くするためにスマイルアップでできることを考えました。


不動産の事ならスマイルアップ公式サイトヘ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください