シェアハウス・賃貸物件 の企画・運営・管理、不動産(中古マンション、中古一戸建て、土地)の購入・売却など不動産売買は スマイルアップへ 
    ご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-36-8349つながらない時は047-431-3330営業時間AM10:00〜PM6:00土・日・祝日も営業
 
 
  耐震補強をお考えの方は
リフォームエコライフ/(有)武田建設工業
  ■リフォームをお考えの方は
リフォームエコライフ/(有)武田建設工業
資産運用の新しい形 それがシェアハウス
 
 シェアハウスとは
一つの家やマンション等を複数の人と共用した賃貸の仕方です。
形態としては、個人の居室と共用スペースに分かれています。
浴室やトイレ、キッチン、リビングなどを共用しているのが一般的です。
また、共用スペースにはテレビ、冷蔵庫、洗濯機といった電化製品や家具、
また食器や鍋など設置されている場合が多く、すぐに生活ができるようになっています。
シェアハウスは投資効率の高い不動産事業として、最近、にわかに注目を集めています。
また安価で手軽に住めるということから利用者は、年々増加しています。
 
 シェアハウスに変更可能な物件とは?
戸建住宅、テラスハウス、マンション、等間取り変更や、ちょっとした工夫をすれば、
どのような物件でもシェアハウスへの変更が可能ですが、物件によっては高額な費用がかかる場合があります。
私たちはシェアハウスに適している物件なのかトータルで見極め、ご提案させていただいております。
 
 テラスハウス
 
一軒家 
 
マンション 
 
弊社所有のシェアハウスでの経験を生かし、簡単な内装を施すだけ、間取り変更や大規模なリフォームなど、
オーナー様のご希望やご予算に合ったプランをご提案させていただきます。

  シェアハウス運営のメリット・デメリット
 メリット
 @即収益、長期安定収入
  運営可能な物件であれば、初月から収益を得ることができ、長期的な収入が見込めます。  
 A高収益、高利回り
  築年数が経っている物件、また新築物件でも、通常に貸し出すより高い収益が見込める。  
 Bリフォームの有無に関係なく運営可能
  物件によってはリフォームをせずに運営ができるため、予算に余裕がなくても手軽に開始できます。  
 C社会貢献度が高い不動産運用
  高齢者をメインにしたシェアハウスやシングルマザーを対象としたシェアハウス等は、これからの時代に必要なものになってきます。

 
 
 デメリット
 @管理が大変
  複数人の共同生活を管理する事や、家賃の回収、物件のメンテナンスなど、運営に労力がかかり、手間と時間を要します。
 A入退去の手間と募集コスト
  入退去の度に立ち合いが必要で、入居者募集に費用がかかります。
 B安易に始めると失敗するケースも
  既存物件をシェアハウスに変更する場合、法をクリアしなければいけません。(現在約半数のシェアハウスがグレーゾーンといわれています。)
始める前には必ず専門家のアドバイスが必要になります。
運営管理にはIT環境の設備や、シェアハウス運営に関する専門知識が必要となります。
 
 
それでは、デメリットを克服して、シェアハウス運営を進めていくのには、どうしたらよいでしょうか?
デメリット克服のご提案ページへ