シェアハウス・賃貸物件 の企画・運営・管理、不動産(中古マンション、中古一戸建て、土地)の購入・売却など不動産売買は スマイルアップへ 
    ご相談・お問い合わせはフリーダイヤル0120-36-8349つながらない時は047-431-3330営業時間AM10:00〜PM6:00土・日・祝日も営業
 
 耐震補強をお考えの方は
リフォームエコライフ/(有)武田建設工業
 ■リフォームをお考えの方は
リフォームエコライフ/(有)武田建設工業
 

プライバシーポリシー

 
 一つの家やマンション等を複数の人と共用した賃貸の仕方です。
形態としては、個人の居室と共用スペースに分かれています。
浴室やトイレ、キッチン、リビングなどを共用しているのが一般的です。
また、共用スペースにはテレビ、冷蔵庫、洗濯機といった電化製品や家具、
また食器や鍋など設置されている場合が多く、すぐに生活ができるようになっています。

 
シェアハウスの入居者は、20代〜30代の方が多く、男女比は女性のほうが多いようです。
また、外国の方がいることも多く、日本にいながら他国語を憶えることができます。


 
 
 メリット
・帰った時に人がいる
・敷金・礼金がいらない
・家電や家具類を揃えなくてよい
・人がいるのでセキュリティ面で安心
・人脈が広がる
・他国語の勉強になる

 
 デメリット
・夜中に音をたてないように気を使う
・朝のシャワーや洗面が重なることがある
・友達などを大勢呼びにくい



 
 
 光熱費は家ごとの請求になるので、個々の細かい請求にはなりません。
そのため、大ざっぱに割った金額となります。
不公平感を感じることがあるかもしれませんが、一人で払うよりは遥かにお安くなります。
生活面では、夜中に騒がないなどの考慮が必要で、規則としているところも多いようです。
あとは、掃除やごみ出しなど当番を決めて行っているところもあります。
人への心配りをすることは、今後、結婚した時にも役に立ちますね。